メガネは避けられなかったのか?視力低下の原因

  1. トップページ
  2. メガネは避けられなかったのか?視力低下の原因
眼鏡年数・裸眼度数「33年・0.01」 40代・女性

学校の視力検査で急激に視力が落ちているのがわかり、眼科の診察を受け「仮性近視」と診断されました。点眼薬等の治療を受けましたが、視力が改善されずにメガネを常用する事になりました。読書が好きだったのでよく本を読んでいたのですが、夢中になると周囲が暗くなっても本を読みつづけたりしていたので、今思うとそれが原因の一因だったのではないかと思います。ちゃんと気をつけていれば、視力が落ちるのはもう少し先に伸ばせたのではないかと思っています。

眼鏡年数・裸眼度数「18年・0.03」 20代後半・女性

おそらく遺伝で小さい頃から悪かったのだと思います。小学校低学年の頃に視力測定をしたらすでに0.3しかありませんでした。そこから悪化したのは、ゲームを頻繁にしたり本を読んだり、とにかく目を酷使してきたからだと思います。それが趣味だったので仕方ないことだし、あまり避けようがなかったと思います。

眼鏡年数・裸眼度数「30年0.1」 40代・女性

メガネが必要になったのは中学生の時でした。もともと遺伝的に視力が悪いたちだったのですが高校受験の勉強をし始めてから急激に視力が落ちてきた感じです。両親ともに視力が悪いため、私の視力は悪くなるべくしてなったという感じなので避けられないことだと思っています。

眼鏡年数・裸眼度数「25年・0.1」 30代・女性

小学生のころ視力が低下して黒板の文字が見えづらくなったことがきっかけです。目を細めたりして見ていましたが、限界でした。めがねをかけている同級生がからかわれているのをみて躊躇していましたが、日常生活に支障がでていました。

眼鏡年数・裸眼度数「20年・0.01」 30代・男性

小学生のころから視力が低下しましたが、学校の授業などで黒板を後ろの席から凝視していたのが原因かと思います。ただ、席順を前にしてもあまり変わらなかったので、遺伝的なものなのか、正確な原因はわかりません。

眼鏡年数・裸眼度数「15年0.01」 32歳・男性

受験勉強で長時間、机に向かっていました。休むことが少なかったですね。受験勉強をしないわけにも行きません。勉強をすることは避けられないので視力は落ちてしまったのだと思います。しかし、毎日の勉強量を少なくしていく方法もあった可能性もあります。

眼鏡年数・裸眼度数「20年・0.06」 40代・女性

学生時代に、だんだんと黒板の字が見にくいなと思うようになりました。暗い場所で本を読んでいたことが原因かもしれません。しかし、両親、兄弟ともに視力が悪いので、これは遺伝で避けられないことだったと思います。

眼鏡年数・裸眼度数「20年・0.2」 50代・女性

考えられる一番の原因は、仕事先で小さな物を見続けていたからだと思っています。それまでは、両目1.5だったんですけど、気付いたら10m先の看板の文字が読めなくなってました。検査担当だったので、毎日電子拡大鏡を覗いたり、ノギスやマイクロメーターで0.01?と戦かってました。仕事だったので、仕方ないと思ってます。

眼鏡年数・裸眼度数「18年、0.3」 40代・女性

24歳で就職し、パソコンを長時間使う仕事になったため視力が急激に落ちました。それまでは自宅でパソコンを使っていても視力が落ちることはなかったのですがおそらく自宅でも会社でもパソコンを使い、ほぼ一日中パソコンと向き合っていたことが視力の落ちる理由だったと思います。今振り返ってみると、パソコンを使うような仕事に就職しなければ視力が低下するのを避けられたかもしれません。

眼鏡年数・裸眼度数「2年0.01」 23歳・女性

元々趣味でPCを使うことが多かったため、高校ごろからだんだんと視力が低下していましたのですが、その内脳が勝手に調整の仕方を覚えたようで、見えるのは見えるので放っておいていました。しばらく経って大学の頃に眼精疲労が辛くなってきたのを機にコンタクトレンズを買いましたが、不器用で使えず。かと言ってメガネが似合わないので、その後もまた放置していましたが、ついに正社員になり一日中PC仕事で眼精疲労がピークになったため購入しました。それからは今までの反動もあり、常用です。変な見方の癖がついてしまったのは、すぐに眼鏡を買わなかったためとは思いますが、趣味で一生PCはつつくと思うので、おそらく避けられないかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加